2016.11.13.(Sun)

6段昇段審査の日、前日に仕事で東京のホテルに宿泊していたため、朝5時起きで名古屋まで移動した。名古屋駅から名鉄へ乗り換え、ここで降りて良いのかな?と思いながら目的の駅の一つ前の駅で降りる防具を持った人々の後をついて行く。
 初めて6段審査を受けた時は、落ちることなど微塵も想定していなかったが、不合格。5段まではなんの疑問も感じずに一発合格、その後、複数回の受審になるなんて想像だにしていなかった。今回は5回目の審査となる。

週一回の子供相手の稽古だけで6段に受かるほど甘いものではなく、高段者に稽古つけてもらうため、平日も時間作って稽古するよう心がけた。何事も壁にぶつかった時、乗り越えることで成長できることを実感した一年だった。評価はC→B→Aと少しづつ上がってきた。

初回6段受審後、打ち勝ってはいるものの不合格が続き、2回目不合格後は何故ダメなのかも分からず、その後も受かる気がしなかった。その間、様々なアドバイスを頂き、初めて自分の剣道を見直すきっかけになったように思う。

昇段までにご指摘頂き、気を付けた点は、下記の通り

  • 下がらないこと(せっかく攻めているのに、最後の詰めが弱くて攻めきることができていなかった)
  • 打ち間に入るまでの攻めが大切: 相手が動きそうな気配を察して、相手より先に動く。自分の動きに反応した相手を見て対応する。(相手の動きそうな気配を察するまでが苦労した)
  • 審査員を背にして対峙してはダメ。よく見えるところへ自然と動いて対峙するくらいの心の余裕が必要(位置どりの問題ではなく、その前後の動き方と心構えの問題)
  • 着装も指摘: 袴の裾の長さと踝へ向けて前から後ろに少し上がるくらいの状態とする。
  • 剣先を利かせる: 剣先が少し高く、開いていると指摘される。(未だ、剣先を利かせることがよく分からないが、格下相手には下がらせることができるようになってきた。)

失敗談

  • 床が滑らず、すり足でつんのめったり、良いところがあまりなかった。試合前に足裏を汚して滑りやすくしておけばよかった。思い返すと打突後の残心が不十分だったような気もする[初回受審]
  • 打ち間に入るまでを大切にと思っているのに、相手がお構い無しに掛かり稽古のようにグイグイ入って打ってきた。今、思い返すと、こちらの攻めが不十分だからむやみに近づかれてしまったのかもしれない。入ってこられた時に、ぐっと攻め返して落ち着けばよかったのに、相手に合わせて応じて、遅れてしまったのは、失敗だった。[2回目受審時]
  • 擦り上げ面、面返し胴、大きく振りかぶって相手手元を浮かせての小手など、試合なら勝っていたはずなのに不合格。自分から崩しての打突が少なく、後の先になっていたと後から反省。[3回目受審]
  • 審査員を背にしないようにと思って動いた動きが、はたで見ていた先輩から、不用意な意味のない動きと指摘された。落ち着いて自然に動けばいいものを、慌てて右へ回った姿は、確かに滑稽だったろう。よく考えてみれば、審査員を背にする立ち位置になること自体が、打突後に真っ直ぐ抜けていないか、無駄に左右へ回って対峙しているわけで、よろしくないことなのだと気がつく。[4回目受審時]

さて、合格時の審査立ち会い

第1試合

蹲踞から立ち上がり僅かに前に出て発声。ジリジリ前に(1-2mm程度)詰めるが相手は動かない。少し大きめ(5cm程度)に間を詰めた時、相手が面に出てきたので、面からの擦り上げ面を打つ。見事に決まる。自分としては、上から乗って打ちたかったが、これが今後の課題。

二合目、少しだけ審査員に対して斜めだったので、それとなく位置取りを修正しつつ対峙。相面は、少し軽かったか?タイミング的には技の起こりを捉えたと思う。その後は、あまり覚えていないが、無駄打ちをしないように心がけていた。

第2試合

一合目、とにかく先に動くことを意識。1mmづつ詰める気持ちで対峙。相手が少し揺れた感じがしたので面に飛び込むが、竹刀で受け止められる。

二合目もしくは三合目、よくは覚えていないが、どこかの段階で綺麗に相面が決まる。しかし、最後の方は決めきれない打ちも出てしまい、無駄打ちがあったこと反省。

自分を中心に相手が動きまわり、場を制していたのは自分にあったと感じている。しかし、最後に無駄打ちがあったことから、終わった直後に合格の自信はなかった。

発表。無事、日本剣道形の審査へ

広告