2017/04/09 日曜 

市民剣道大会の審判をする。公式戦で初めて主審を務める。小学生ながら全国区の生徒の打突は文句なく素晴らしい。一方、試合が初めての初心者もおり、レベルはまちまちだ。初の主審は結構緊張した。「分かれ」の合図のタイミングが難しい。

小手抜き面に対して他の審判は旗をあげたが自分はあげなかった。明らかに竹刀の根元打ちだったからあげなかったが、タイミング的にはバッチリだった。旗をあげるべきだったのだろうか?

審判会議の際に、子供の試合なので打突強度など多少は軽くても取るようにと指示があったので、軽くても旗をあげるようにした。審判をしてみてわかったが、出小手はタイミングであげてしまいがちだ。置いただけの小手がたくさんあったように思う。いいのか、こんなことで?

審判を通じて僕の剣道感の中で、物打ちでしっかりと打突する事を大切にしていることに気がついた。

定例稽古

子供たちは3戦全敗。ショックで打ちひしがれることもなく、若干の悔しさもあるようで、大きく成長した姿を感じた。優勝チームは、他2チームと比べても圧倒的に強かったようだ。同じ世代の子供が、ここまでできることを体感し、今後の稽古に生かしてほしいと思う。

OHSさん

一本になる面が課題で、打突後の残心が物足らない。力を抜いて構えること、力を抜いて面を打突することを指導。

KWMさん

打突後の抜けが右に流れること指摘。間合いを詰める際に前のめりになるので、体を平面のまま腰から移動する意識を大切にと指導。これは自分も課題とするところだ。

2017/04/12 水曜日

HYS先生

初めて相面を決めることができた。やったー!常に相手より先に動くことを意識してきたことが出頭の面につながったのだと思う。でも、今回のは確信的に打突したものではなく、偶然なので慢心せず精進したい。

先生には、構えの剣先が若干右に開いていることを指摘される。これまで、上に浮いていることを指摘され続けてきたが、やっと別の指導が入ってきた。これは進歩か?

SST先生

柔らかく構えて柔らかく打つことを意識して対峙。グイグイ間を詰められるが辛抱。素早く正しい構えを取る。掛かり稽古ではないけど、終わった後はしばらく息切れが激しい。

僕も若手にこのような、息切れさせる稽古をつけられるようになりたいものだ。

2017/04/14 金曜日

HYS先生

先日、剣先が中心からズレていると指摘されたので、中心を意識して対峙。中心とったまま真っ直ぐを意識して正面を打つのだが、久々に明らかに打たされながら、面返し胴を何度もくらう。挨拶時、まだ、体が流れていること、浮いていること、指摘される。また、一から出直しだ。

SST先生

8段受審挑戦者がずらりと並び、待機しているだけで時間が過ぎてしまった。最後、掛かり稽古のような形で数本打たしてもらい終了。

広告