2017/05/02 (火曜)

今日は今年から始まった「仕事の強制休日」。何をおいても仕事は休みなさい!ということなので、家で仕事をすることもなく1日を過ごし、年賀状の当たりくじを郵便局に引き換えに行った。

KMY先生

最初は裏からの払い小手。次は正面とそこそこ良いうちができたと思うが、先生がどんどんと間合いを詰めてくる。ここで引き出されて”機会”でもないのに打ち込み、「ただのかかり稽古」にならないように注意する。耐えて構えを作り、機会をうかがうのが精一杯だ。良いところを出ばな面を打ったが、先生からは打突が少し軽いと指摘される。稽古終了後にアドバイスをいただいた。打突時に左手が中心から少し右に入り込むようになっているので、打突時の左こぶしの位置をもう少し落とすこと。

HMG先生

珍しく最初から稽古に参加できたので、今日こそは早めに並ぼうと思っていたのに、結局、一番最後になってしまった。大勢が見ている前での立ち合いは、慌てずしっかり打つことを意識した。一合目、先生の面に対して刷り上げ面は決まらない(飲み会時、稽古を見ていたNKN先生から「大先生相手に小手先で応じてやろうなどと考えていてはいけない」と注意される:そんなつもりはないのだが、出遅れてしまったので応じに移る時点ですでにダメ。つまりには攻める気持ちが不十分ということであろうと理解した)。

2合目、打たれることを嫌がらずに正面を打つが、先生の剣先はのど元についていた。3合目、若干、先生に攻め込まれ気味だがこれではいかんと思い攻め返す。そのまま、腰から左手中心を相手ののど元にぶつけるようなつもりで正面を打突。稽古終了。HMG先生からは最後の面はよかったと言ってもらえたが、稽古を見ていたKMY先生からは、もっと気迫がほしい。まだまだ声が小さいとお叱りの言葉を受けた。ちょっと凹む。

 

 

 

広告